陰茎増大の気になる値段は?保険などで割引は可能?

男性器の悩みを持つ人は少なくありませんが、トレーニングなどで努力をしても理想の大きさを得るのは難しいものがあります。そんな場合も陰茎増大の治療をすることで、理想の大きさや形を得ることができます。陰茎増大は多くの医療機関で行われていますが、いざ治療となると値段がどれぐらいになるのかも気になるところです。

ここからは、陰茎増大にはどんな治療方法があるのか、割引は受けられるのかなどを考えていきます。男性器の大きさでコンプレックスを感じている人、陰茎増大治療で悩みを解消することを検討している人は参考にしてください。

保険適用できるのかを確認

医療機関では様々な治療が提供されてますが、疾患の治療だけではなく外見を良くするための治療を希望する人も少なくありません。特に男性は男性器の大きさや形で悩む人が多く、治療で悩みを解消したいと考える人も多いものです。

陰茎増大治療は保険適用されるのかどうかも気になるところですが、見た目を良くすることを目的としている場合は、自由診療になり、すべて自費で支払うことになります。とはいえ、症状や治療内容によっては保険適用できる可能性もありますので、医療機関に相談してみましょう。男性器が小さく見える原因のひとつには包茎の症状があることがあげられます。

特に真性包茎は勃起時にも亀頭を露出できないという悩みがありますが、真性包茎と判断された場合は保険適用の治療を受けることができます。さらに、包皮口が狭く、締め付けや痛みがあるカントン包茎の場合も保険適用できる場合があります。

包茎の症状が改善できることはもちろん、亀頭部分が露出されますので、見た目も良くなり、サイズアップしたように見えるのもメリットです。保険適用の場合であれば、手術の値段も3万円ぐらいからとなりますので、比較的安く増大治療を受けることができます。

様々な治療方法がある

陰茎増大では、包茎手術のほかにも様々な治療方法が用意されています。特に長さには問題がなく、亀頭部分だけが貧弱という場合は、亀頭増大術が向いています。この場合は、メスを使うような手術は必要なく、亀頭部分にヒアルロン酸やコラーゲンなどのフィラーを注入していきます。

永久的な効果ではないものの、体への負担も少なくそれでいてすぐにサイズアップが可能です。注入するフィラーの種類や、注入量によっても値段は大きく変わってきます。この治療では保険適用はされず、自費での支払いになります。陰茎の悩みでは、長さが不足しているということもあげられます。この場合は下腹部に埋もれている陰茎を引っ張り出すことで、本来の長さを得ることができます。

手術は切開を伴わない方法ならより安くなりますし、より高い効果を期待するのであれば本格的な手術も検討したいところです。引っ張り出しても理想の長さが得られない場合はフィラーの注入で増大を目指すこともできます。メスを使わない治療は安いというイメージもありますが、注入系の治療は効果は永久的ではありませんので、何度も繰り返し行う必要があります。それゆえ、無理なく続けられる金額であるかどうかも確認しておきましょう。

より安く治療を受けるなら

陰茎増大治療も多くの種類がありますが、基本的には自由診療ですので、値段は高くなる傾向にあります。少しでも安く治療をするのであれば、まずは各クリニックの治療費用を比較してみることがおすすめです。医療機関ごとに治療費は違いますので、じっくり比較して良質な治療を安く提供している医療機関を見つけていきましょう。

提示している金額のほかに、追加料金が必要ないのかも調べておきます。最新の治療は優れた効果を期待できますが、その分費用も高い傾向にあります。とはいえ、クリニックのほうでも安く治療を受けられる様々な工夫がされています。キャンペーンが行われていることも多く、それを利用すれば大幅な割引を得ることもできます。

治療部位の撮影などの条件はありますが、モニターになると、通常料金よりもかなり安い値段で治療を受けることも可能です。キャンペーンの詳細や、モニターになれる条件はクリニックごとに違いがありますので、各クリニックの公式サイトなどで確認してみましょう。カウンセリングの際は、より詳しい情報を得ることができますので、料金の面でわからないこと気になることがある場合も質問しておくことがおすすめです。

まとめ

陰茎の大きさでコンプレックスを感じている人は少なくありませんが、すぐにサイズアップするのであれば陰茎増大術も検討してみてはいかがでしょうか。基本的に自由診療ですが、包茎治療でサイズアップを期待するのであれば保険適用の治療が選べる可能性もあります。治療費用は医療機関ごとに違いますので、相場を確認しておくことも大切です。高品質な治療は高くなる傾向にありますが、モニター制度やキャンペーンを活用すれば、大幅な割引になることもあります。少しでも安く治療を受けるなら、こうしたサービスも積極的に活用していきましょう。